大分アドサインの選任スタッフとして2台目のべっぷ温泉大型バスのフルラッピング施工をさせていただきました。今回もタイヤ、部品等の交換の為大交車輌整備工場内での施工となりました。タイヤは取り外してありますので移動はありません。整備士さん達とのミックスコラボ状態の中での施工となりました。2人で施工しますので、バスボディの清掃から既存の文字の剥離作業、油分落とし、プリントアウトされたフィルムのサイズカットの作業等で貼り施工前に半日以上の時間を費やします。今回は移動無しでしたので作業エリアの移動は2回で済みました。その他フィルムについてる剥離紙や余分のフィルムのゴミ掃除などもあります。全長12m 車高3.75mもありますので相当な剥離紙の量がゴミとして発生します。整備士さんとの窮屈な空間ですので足場道具も最低限しか使用できません。 貼り施工の時間と同等の時間を費やします。整備工場特有の油の染み付いた場所ですので、爪の中まで黒くなります。作業軍手も真っ黒です、フルラッピングですので屋根の上での作業も拭き掃除が大変です。雑巾も真っ黒、道具類も真っ黒、天井には幅1.6mのフィルムが8m貼ってあります。2層の強粘着のフィルムですので空気を掴みやすく、常にちいさな空気の泡との格闘に気を使います。シワは作りませんが気泡が発生します。時間が経過すると泡は抜けます。

 

 

べっぷ温泉バス大型2(別府市)

  • Categories →
  • カーラッピング