GM社の  Corvette=コルベット のフロントフェンダー両サイドに純正DECAL をマーキングする、お仕事です。英語の指示書とフェンダー用のDECAL 2セットを渡され、その場では、図面を参照に即、施工させていただきました。が、仕事場に帰り、指示書をゆっくり、読んでみますと。英文で詳細に手順の説明が明記されてました。流石です、米国はマニュアルの国です。日本より、事、細かな、スゴイ指示です。現地では、ドライ施工で決めましたが、指示書はウエット施工でと、ハッキリ 明記されてました。貼りのテクニックは日本の方が、上級と見ました。ちょっとした貼り施工でしたが、丁寧さを要求され、ナイーブさを求められる仕事でもありました。コルベットの3次曲線のしぼり込みも、エグイです。外車は曲者ですネ。初見は、キツイです。次からは、車種の写真をメール等で、送ってもらうよう、仕事の流れを説明させてもらいました。失敗は無しが、あたり前のお仕事でした。日本での、専門用語と米国の用語とはニュアンスが異なります。Decal=ディーキャル=ステッカーとか、Vinyl=ヴアイナル=ビニール、のように。外車を施工させてもらう時は、頭の思考回路を外国用に、チェンジして、マーキング施工します。指示書は日本より丁寧、親切です。         リンクします。→宮崎ヤナセ株式会社

GM車のDecalマーキング

  • Categories →
  • カーマーキング
  • その他